エサレン研究所とは

 

「エサレン研究所」は1960年代アメリカでのヒューマン・ポテンシャル・ムーブメント

(人間性回復運動)の流れのなか、「人間の潜在的可能性」を探求する教育コミュニティー

として誕生しました。

「エサレン」はかつてその地に暮らしていたネイティブ・アメリカンの部族の名前です。

 

研究所にはさまざまな心理学者や社会学者、文学者に加えて、ボディワークの著名な活動家が集まり、学びを深めてゆきました。(注*)

彼らによって示された洞察、技術がエサレン研究所に集ったボディワーカー(ボディワークを行う人)達によってエサレン®ボディワークに取り入れられました。

そして施術者の個性が反映されるそのワーク(施術)は誕生以来常に進化・成長しています。

 

現在もエサレン研究所には世界中から様々な人々があつまり、ボディワークはもちろん

心理学、哲学、リーダーシップ、スピリチュアリティ、ヨガ、ダンス、アート他、

数多くの「人間の潜在的可能性」を高めるワークショップが開かれています。

 

 

(注*) エサレン研究所を訪れ、エサレン®ボディワークに影響を与えた人たち

 ★ボディワーク/ソマティック・プラクティス(身体技法)分野

 アイダ・ロルフ(ロルフィング)

 モーシェ・フェルデンクライス(フェルデンクライス・メソッド)

 ミルトン・トレガー(トレガー・アプローチ)

 シャーロット・セルヴァー(センサリー・アウェアネス)etc.

 

 ★心理学分野

 フリッツ・パールズ(ゲシュタルト・セラピー)

 アブラハム・マズロー(欲求階層説)

 カール・ロジャース(来談者中心療法)

 グレゴリー・ベイトソン(ダブル・バインド理論)

 アーノルド・ミンデル(プロセス指向心理学)etc.

 

 

 

 

↓ ハイウェイ1からエサレン研究所への入り口